放送・映像関連機器の総合メーカー Grass Valley
放送・映像関連機器の総合メーカー Grass Valley

Kayenne

ビデオプロダクションセンター

Kayenne ビデオプロダクションセンター

Kayenne ビデオプロダクションセンターは、グラスバレーのプロダクションスイッチャーの新製品です。
すべてのKayenneフレームにはハーフM/Eが含まれ、4RUサイズのコンパクトフレームで1.5M/Eから2.5M/Eまで、8RUのスタンダードフレームで2.5M/Eから4.5M/Eに対応し、最大96入力/48出力が可能です。

増大するニーズに応えるため、Kayenneは今までで最高のプロセッシング性能を備えました。それぞれのM/Eは6キーヤーに対応し、4.5M/Eシステムであれば最大30キーヤーと20 DPM(デジタル・ピクチャー・マニピュレーター)チャンネルを処理することができます。

Kayenneシリーズは最先端のモジュラーコントロールパネル方式を採用し、1M/Eから4M/Eまでを自在に構築でき、ローカルAUXパネルやWXGA高解像度タッチスクリーンメニューなどの追加も可能です。コントロールパネルやメニューレイアウトはKalypsoをご存知のオペレーターには馴染みやすく、即座に使いこなすことができます。加えて、Kayakシリーズで培った機能と、新開発の機能を融合させています。

20140829-MainCat.Switchers.1360x1120.png_285_0pickhit2009_logo
NAB2009においてBroadcast Engineering誌のPick Hit Award 2009を受賞しました。

  • 10-bit 4:2:2 に対応し、最大96入力/48出力が可能
  • 入出力はHD/SD-SDI に加え、アップ/ダウン/クロスコンバートのオプションを選択可能
  • 1.5M/E から4.5M/E までの構成が可能
  • Cut/Mixトランジションと6つのリニア/ ルミナンスキーヤーを持つハーフM/E をすべてのシステムに搭載
  • フルファンクションのM/Eは6キーヤーに対応:
    4つのフルファンクション・キーヤーと、2つのリニア/ルミナンスキーヤーを搭載
  • フルファンクションのM/Eのキーヤーは、マスク、プリセットパターンワイプ、オプションのクロマキーなどに対応
  • フルファンクション・キーヤーは、Image Storeとは別に独立した2ページ(フレーム)のビデオ/キーのストレージを搭載
  • KurlとSpektraを備えた4つのIntegrated DPM (iDPM)を全てのフルファンクションM/Eに搭載可能
  • 8RU フレームには、プライマリ/ セカンダリコンバイナー出力を備えた4 つの独立したeDPM チャンネルを搭載可能
  • 全システムに標準搭載しているDoubleTake (スプリットM/Eモード)は、M/E数を最大10まで効果的に拡張可能
  • 全システムに標準搭載しているFlexiKey (プログラマブルクリーンフィードモード)は、それぞれのM/E出力のキーヤーに対して個別に設定が可能
  • 任意のパーティション(M/E)をビデオとキーのコンポジット出力を行うレイヤーモードに設定可能
  • プライマリ/セカンダリのパーティションを別々に操作可能なスプリットレバーアームを採用
  • AUXバス出力でディゾルブやワイプを行えるAUXバストランジション
  • 16:9映像に4:3映像を表示する際には自動的にピラーボックス(サイドパネル)で挿入

トップに戻る