放送・映像関連機器の総合メーカー Grass Valley
放送・映像関連機器の総合メーカー Grass Valley

EDIUS X Pro

ノンリニアビデオ編集ソフトウェア

2020年9月25日発売予定

進化を続けるEDIUS X

EDIUS X Proはバージョンアップのたびに劇的な進化を遂げ、今後のクリエイティブワークを向上させていきます。チームワークによる共同/共有編集、クラウドサービスとの連携、映像・音声解析、拡張性に富んだシステム連携など(一部の機能はリリース後の搭載を予定しております)。メディア管理から編集・アーカイブまで、あらゆるクリエイティブワークフローをつなぎ、新時代の映像制作をサポートします。EDIUS Xは、そのコア技術を活用することで、様々な分野での活用が可能です。進化は止まりません。

より多くのフォーマット、より優れたワークフロー

EDIUS X Proは、Sony XAVC、Panasonic P2、Canon XF、EOSムービーやREDフォーマットなど一般的に使用されているすべてのファイルフォーマットをネイティブにサポートしています。ポストプロダクション作業には、グラスバレーの高性能中間10ビットコーデックHQXを使用することができます。ポストプロダクション作業では、グラスバレーの高性能な中間10ビットコーデックHQXとバックグラウンドレンダリングを活用してあらゆる場面で最適なワークフローを構築できます。
しかし、EDIUS X Proが本当に優れているのは、Sony XAVC (Intra/Long GOP)/XAVC S、Panasonic AVC-Ultra、Canon XF-AVC、H.265/HEVCなどの新しいファイルフォーマットを高速かつ包括的に実装していることです。また、HDR編集やカラーグレーディングのための各種Log/RAWファイルも用意されています。EDIUS X Proがあれば、どんなフォーマットでも編集することができます。

Windows 10 & 4K HDR

Windows 10用のネイティブ64ビットアプリケーションとして設計されたEDIUS Xは、レイヤリング、モーショントラッキング、マルチカム、4K HDRマルチトラック編集などの超集中的なメディア操作のために、最大512GBのシステムメモリ(Windows 10 EnterpriseとPro用)をフルに活用します。
EDIUS X Proは、現在のすべてのCoreプロセッサ(Core i9、i7、i5、Core i3)の機能であるIntelのQuick Sync Videoに最適化されており、MPEG-2やH.264/H.265エンコーディングを大幅に高速化するため、ビデオ編集に特に役立ちます。また、H.264とH.265のデコードにIntel Quick Sync Videoを使用することで、4Kを含む超スムーズな再生が可能になるようにさらに強化されています。

選択可能なハードウェアI/O

EDIUS X Proは、Blackmagic Design社、AJA Video System社のI/Oハードウェアをサポートしています。

強力なプラグイン群

EDIUS X Proは、編集中にさらに強力でクリエイティブなコントロールを行うために、より洗練された字幕表示、追加のビデオ/オーディオエフェクト、キーイング、スタビライゼーションのための多くのサードパーティ製ソフトウェアのプラグインをサポートしています。

EDIUS X Proのユーザーは、以下のプラグインソフトウェアを無料でダウンロードすることができます。

・オーディオプラグイン
Acon Digital EDIUS Editions
コンプレッサー、ノイズリダクション、リバーブリダクション、リミッター

・ビデオトランジション:エフェクトプラグイン
proDAD – VitaScene V4 EDIUS Edition
インテリジェンスなスムーストランジションを含む多彩なエフェクト

・タイトラー
NewBlue Titler Pro 7 for EDIUS X with OFX Plug-in Bridge
デザイン性豊かなテンプレートを数多く搭載した高機能タイトラー

他に類を見ない混在編集

他に類を見ないリアルタイムビデオトランスコーディング技術が特徴のEDIUS X Pro は4K/HD/SD解像度、アスペクト比、フレームレートをすべてリアルタイムで変換します。HDで編集し、タイムライン上に4:3 SDビデオを配置したり、NTSCとPALソースをミックスしたり、4Kを追加したり、変換やレンダリングに一瞬たりとも無駄にすることなく、他の解像度やフレームレートのプロジェクトに組み合わせたりすることができます。

マルチプラットフォーム対応

EDIUS X Proでは、様々なフォーマットでの仕上げが簡単に行えます。出力解像度をカスタマイズし、様々なファイルラッパーで保存することで、プロフェッショナルシステムやコンシューマーシステムに配布することができます。

Mync

Myncは、EDIUSでの編集に備えて、ビデオ、オーディオ、静止画のすべてのアセットを管理することができる強力な新ツールです。Myncはスマートで、リムーバブルドライブやカードリーダーをシステムに接続すると、サポートされているフォーマットを自動的に検出し、クリップビンウィンドウに表示します。

「EDIUS X Pro」体験版 EDIUS X Pro体験版について

eIDを登録した後、ダウンロードページにて希望の製品を選択してください。登録したメールアドレスに、ダウンロードURLとシリアルナンバーが記載されたメールが届きます。

EDIUSWORLD.COM

EDIUSの詳細情報はこちらもご覧ください。

MYNCWORLD.COM

Myncの詳細情報はこちらもご覧ください。

EDIUS X Proの新機能 (Ver. 10.00)

世界中のユーザーからリクエストが高かった新機能を追加

バックグラウンドレンダリング/ファイルエクスポート機能

ファイルエクスポートなどを行っても編集を続けられます。バックグラウンド処理の進捗は「GV Job Monitor」という新しいツールで監視するも可能です

    • シーケンスのエクスポート
    • バッチエクスポート
    • クリップのレンダリング
    • 波形キャッシュの作成
    • プロキシファイルの作成など

レイアウターモーショントラッキング

    • 追跡モード(動きのある対象物に追従するようなモーションテロップの作成に便利です)
    • 固定モード(動きのある対象物を固定し、自由にレイアウト可能、グループショットの一人をワイプで抜くなど表現ができます)

「ボーナスコンテンツプラグイン」多彩なプラグインをフリーダウンロード

    • オーディオプラグイン
      Acon Digital EDIUS Editions

コンプレッサー、ノイズリダクション、リバーブリダクション、リミッター

    • ビデオトランジション:エフェクトプラグイン
      proDAD VitaScene V4 EDIUS Edition

インテリジェンスなスムーストランジションを含む多彩なエフェクト

    • 高機能タイトラー
      NewBlue Titler Pro 7 for EDIUS X with OFX Plug-in Bridge

デザイン性豊かなテンプレートを数多く搭載した高機能タイトラー

ドラフトプレビュー

    • 再生時の解像度やBit深度を下げて、高負荷部分の編集を快適に行うことができます

 

その他 EDIUS X Proの特長

– 4Kを含む異なる解像度のメディアファイルを編集

– 最新のファイルフォーマット – Sony XAVC (Intra/Long GOP)/XAVC S/XDCAM、Panasonic AVC-Ultra/AVC-Intra/P2、Canon XF-AVC/XF-HEVC、Sony RAW、Canon Cinema RAW/Cinema RAW Light、RED RAW、ProRes、DNxHD/HR、静止画RAWなどをサポート

– LogおよびRAWファイルの最新の色空間をサポート – HLG/PQ、S-Log、Canon Log、V-Log/V-Log L、J-Log1、F-Log、Log C、D-Log、N-Log、OM-Log400、LUT(.cube)ファイルのインポート

– 同一タイムライン上でのフレームレートのリアルタイム変換

– 高速で柔軟な編集を可能にするユーザーインターフェース

– HDR編集(HDR/SDRゲインとトーンマッピング)

– サードパーティハードウェアのサポート

– 放送・ウェブ配信用の4K HDRでの書き出し

– 60/50pタイムコード表示

– HDRに対応した新ビデオスコープ

– 最大16種類のソースを同時に編集できるマルチカム編集、ビデオ出力対応

– 高速かつ正確なマルチカムオーディオ同期エンジン搭載

– プロキシ編集モード

– 高品質なモーショントラッキング

– 高品質スローモーション(オプティカルフロー)

– 高速・高品質のスタビライザー

– 高性能ビデオレイアウター

– マスクやキーヤーなどの各種合成映像フィルタ

– Intel Quick Sync Videoを使用した4K H.264/H.265の高速再生

– 高速かつ高品質なH.264/AVCデコーダ/エンコーダ(4K XAVCの高速エンコード用)

– 高速かつ高品質なMPEGデコーダとエンコーダ

– 大量の静止画ファイル(JPG、TGA、DPX、Cinema DNGなど)の高速処理

– クローズドキャプション表示、scc/mccファイルのインポートとエクスポート

– RED RAWデコードGPUサポート

– Apple ProResエクスポート

– Apple ProRes RAWデコード

– MOV(H.264/H.265)エクスポート

– Blackmagic RAWデコード

– EDL、AAF、FCP 7 XMLとしてプロジェクトのインポート/エクスポート

– OFXプラグインブリッジ対応

– プロジェクトテンプレート機能

– 高解像度ディスプレイのサポート

製品 価格(税別) 型番
EDIUS X Pro 通常版 ¥59,800 EPR10-STR-JP
EDIUS X Pro アップグレード版 ※ ¥24,800 EPR10-UGR-JP
EDIUS X Pro アカデミック版 ※ ¥24,800 EPR10-STR-E-JP
EDIUS X Pro ジャンプアップグレード版 ※ ¥39,800 EPR10-JUPR-JP
製品 価格(税別) 型番
EDIUS X Pro DNxHD/HR オプション ¥49,800 EPR10-OP-DNxHD-JP

CPU

AVX2をサポートする第4世代 Intel CPU 以降 または 同等の AMD CPU

メモリー

8GB以上(4K編集には16GB以上)

ハードディスク

EDIUSのインストールに6GB以上、SSD または SATA / 7,200rpm以上のドライブが必要

グラフィックス

1GB以上、4K編集には2GB以上のビデオメモリーが必要

サウンド

WDMに準拠したサウンドデバイスが必要

光学ドライブ

Blu-rayやDVDを作成するには、対応したドライブが必要

インターネット環境

インストール、アップデート、ライセンス認証、および、ユーザー登録、サポートに必要
※本製品はライセンス認証のため定期的なインターネットへの接続が必要

オペレーティングシステム

Windows 10 64-bit (Version 1903以降)

対応言語

日本語、中国語(繁体字)、スペイン語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、英語

対応ハードウェア

AJA Video Systems
KONA 5, Io 4K Plus, KONA 4, KONA 3G, KONA LHi, Io 4K, KONA 1
※4K 30pまでのビデオプレビューに対応
※KONA 5,KONA 1は、4K 30pまでのビデオキャプチャー(デッキコントロールなし)に対応

Blackmagic Design
Intensity Pro 4K, DeckLink SDI 4K, DeckLink Studio 4K, DeckLink 4K Extreme 12G, DeckLink Mini Monitor 4K, UltraStudio 4K Mini, DeckLink 8K Pro
※4K 30pまでのビデオプレビューに対応

製品構成

EDIUS X ProインストールDVD ※本製品のDVDにはセットアップファイルは含まれておりません
※本製品のDVDに含まる手順で、EDIUS X Proのセットアップファイルをダウンロード提供になります。(※データーサイズ 約1.1GB)
※ボーナスコンテンツのプラグインは、EDIUS X Proインストール後に、ヘルプメニューからダウンロードが行えます。

サポート

製品ご購入後、ソフトウェアを認証された日より90日間のメールサポートは無償、それ以降のサポートは有償となります。サポートはユーザー登録されているお客様を対象にご提供しております。サポートをご希望される場合は、必ずユーザー登録をお願いいたします。

※記載された動作環境に適合するすべての環境での動作を保証するものではありません。また、記載されたすべてのフォーマットへの対応を保証するものではありません。

EDIUS X ProとEDIUS Pro 9の機能・仕様比較

こちらのリンクをご確認ください。

製品ご購入後、ソフトウェアを認証された日より90日間の メールサポートは無償、それ以降のサポートは有償となり ます。
サポートはユーザー登録されているお客様を対象にご提供しております。サポートをご希望される場合は、必ずユーザー登録をお願いいたします。

トップに戻る