放送・映像関連機器の総合メーカー Grass Valley
放送・映像関連機器の総合メーカー Grass Valley

T-POV Systems

Quad Link 4K対応双方向光伝送システム(ロボティックカメラ向け)

軽量で導入が容易なファイバー接続ソリューション

グラスバレーのT-POV シリーズは、双方向ファイバーによるビデオ、データ送受信テクノロジーにより、放送用HD、4K 定点カメラの可用性を大幅に向上させることが可能です。
これらのデバイスは、スポーツ、リモート放送、セキュリティ、教育やミリタリー用途向けの優れた選択肢です。 T-POV model 301 および324 は、TelePort 3G とTeleThon 3G との互換性を有し*、より柔軟かつ手頃な価格でSMPTE ハイブリッドファイバー接続と分散型パワーサプライを利用可能です。 Model 301 は、カメラからのHD 信号とパン/ チルト/ ズームなどのコントロール信号用データチャネルをシンプルに提供します。 Model 324 は、オーディオチャンネルとイーサネットを追加し、HD によるリターンが利用可能です。
また、最新の4K モデルModel 3244 は、HD/4K ロボティックカメラシステムが持つ限られた性能を超える運用が可能になります。
20151019_ipg-3901_1920x1080_vidres-png_305_0

● 非圧縮HD/3G-SDI
● 最大4 系統のRS-232/422/485( デュープレックス) データチャンネル
● GPI 接点
● アナログリターンチャンネルを利用したカメラ側からの同期信号伝送
*3 値シンク対応
● 4 系統の双方向アナログオーディオチャンネル
● ドライファイバー( 電源伝送無し) とSMPTE ハイブリッドファイバーの双方をサポート
● 10/100Mbps イーサネットチャンネル
● 2 種類の筐体タイプにより様々なアプリケーションに対応
- 3 ユニットまで実装可能なラックマウント型
- シングルアプリケーション用スローダウンフレーム
- 過酷な運用に耐える堅牢なミニマッスルシェルフレーム
● 幅広い使用温度域
● 高信頼性設計
※モデルにより機能が異なります

デジタルビデオ

デジタルビデオ(Quad-link):

● インターフェース(x4): SMPTE ST 424,SMPTE ST 292, SMPTE ST 259
● データレート(x4): 3Gb/s, 1.5 Gb/s or270 Mb/s

デジタルビデオ( 双方向):

● インターフェース: SMPTE ST 259,SMPTE ST 292
● データレート: 270 Mb/s, 1.5 Gb/s
● 入力レベル: 800 mV p-p

入力インピーダンス: 75 Ω
出力インピーダンス: 75 Ω
ビットエラーレート: 10-12 at -22 dBm
ジッター: <0.2 UI ( カラーバーにて)
立ち上がり/ 立ち下り:

● SD:  0.4-1.5 ns
● HD:  <270 ps

アナログビデオ

インターフェース: RS-170, NTSC, PAL, SECAM
入出力レベル: 1 Vp-p (75 Ω終端)
周波数特性:

● 30 Hz-5 MHz, ± 0.2 dB
● -3 dB point min 8.6 MHz

S/N: ≥67 dB ( 重み付け)
DG: ≤2.0%
DP: ≤0.7°
ライン歪: ≤0.5 IRE
相互変調(Chroma-luma): ≤1 IRE

イーサネット*

データサポート: 10Base-T/100Base-T
コネクター: RJ-45
ケーブル: UTP 100 Ω Cat5e Cat6
入力インピーダンス: 100 Ω 差動
出力インピーダンス: 100 Ω 差動

オーディオ*

チャンネル数: 4 入出力
タイプ: バランス (マイク/ ラインレベル)
インピーダンス: 入力側 >10 k Ω / 出力側30 Ω
最小入力レベル: 24 dBu
量子化: 24 ビット, 12.8 倍オーバーサンプリング
サンプリングレート: 48 kS/s
周波数特性: ± 0.1 dB, 20 Hz – 20 kHz
S/N: <-95 dB (A 特性重み付け)
歪率(THD+N): 20 Hz – 20 kHz, ≤0.02%
インターフェース:  DB25 (AES 標準ピン配列)

補助データチャンネル

RS-422/485: 0 – 1 kbaud
RS-232: 0 – 150 kbaud
チャンネル数: 2-6*
サンプル: 80 ns
GPI 接点: NO, 1 SPST ( 通常閉 SPST リレー)

オプティカル

波長:

● 1300 nm スタンダード
● 1550 nm, CWDM

送信レーザー出力(std./opt): 6/0 dBm
受信感度(HD-SDI): -22 dBm
受信感度(3G-SDI): -20 dBm
対応ファイバー: シングルモード

伝送距離**

TAC ケーブル( カメラ側ローカルパワー供給):
標準レーザー:15 dB オプティカルロス(~30 km**)
DFB レーザー: 19 dB オプティカルロス(~38 km**)
SMPTE ST 311 ハイブリッドファイバー: ~240m, 95W/12 VDC**
光コネクタータイプ: ローカルパワー: LC, ST, MX, OpticalCON
リモートパワー: SMPTE ST 304 またはOpticalCON

メカニカル仕様

● ラックマウントユニット: 482.6 x 44.45 x 203.2 mm
● ミニマッスル ロープロファイル: 133.35 x 69.85 x 323.85 mm
● ミニマッスル ハイプロファイル: 133.35 x 101.6 x 323.85
● スローダウン ロープロファイル4K: 129.5 x 64.5 x 231.1 mm
● スローダウン ロープロファイル: 114.3 x 44.45 x 247.65 mm
● スローダウン ハイプロファイル: 114.3 x 76.2 x 247.65 mm

重量:

● ラックマウントユニット, 12 VDC:
– シングル 2.27 kg
– デュアル 2.61 kg
– トリプル 2.84 kg
● ラックマウントユニット — AC 電源タイプ(SMPTE power): 2.95 kg
● ミニマッスル ロープロファイル: 0.91 kg
● ミニマッスル ハイプロファイル: 1.59 kg
● スローダウン ロープロファイル4K: 0.91 kg
● スローダウン ロープロファイル: 0.68 kg
● スローダウン ハイプロファイル: 1.36 kg

動作環境

相対湿度: 0 to 95% ( 結露なきこと)
動作温度: -25° to 55° C
認定取得: FCC Part 15, RoHS, LEED, CE
* モデルにより伝送可能な信号の種類が異なります

** 最大ケーブル長は、ケーブル品質、コネクターの汚れや埃、および中継ポイント数に起因する光損失によって異なります。 ハイブリッドファイバーケーブルで電源を供給する場合には、上記に加えて使用するケーブルの径やカメラ、レンズの消費電力によっても異なります。

                           

トップに戻る