放送・映像関連機器の総合メーカー Grass Valley
放送・映像関連機器の総合メーカー Grass Valley

ProCoder 3

ビデオ変換ソフトウェア

【販売終了】

ProCoder 3は、様々なフォーマットの映像を目的の形式に高速・高画質に変換できるビデオ変換ソフトウェアです。ビデオ編集やストリーミング、DVD制作などで使用される主要なフォーマットのほとんどに対応し、簡単な操作で目的の映像フォーマットへ高速・高画質に変換することができます。

製品 価格(税別) 型番
 ProCoder 3 通常版 ¥58,000 PROCODER3
 ProCoder 3 アップグレード版 ※1 ¥28,000 PROCODER3(UPG)
 ProCoder 3 アカデミック版 ※2 ¥28,000 PROCODER3(EDU)

※1 対象製品 : ProCoder 1.0, ProCoder 2.0, EDIUS Pro 3, EDIUS Pro 4, EDIUS 3 for HDV, EDIUS 2.0, EDIUS 2.5 (ソフトウェア製品「ProCoder EXPRESS」はアップグレード対象外)
※2 お買い求めの際に学生または教職員であることを証明できるもの(学生証など)が必要です。

procoder3_photo

様々なビデオフォーマットに対応したコンバータ

ビデオ編集やストリーミング、DVD制作などで使用される主要なフォーマットのほとんどに対応し、簡単な操作で目的の映像フォーマットへ高速・高画質に変換することができます。映像ファイルの連結したり、一度の操作で設定した複数のフォーマットの映像ファイルに変換したりすることもできます。Grass Valley HQ Codecのエンコード/デコードやAVCHDのデコード、ドルビーデジタルへの対応などで、さらに高度な映像活用を可能にします。
※変換途中で停止した場合、ファイルを再生することはできますが、作成されるファイルは不完全です。また、ソフトによっては再生できない場合があります。

あらゆるタイプの映像で高画質変換を実現

最高レベルの画質を実現するProCoderのMPEGコーデックは、動きの多い映像や精細な映像など、どのような傾向の映像に対しても、他コーデックと同等以上の画質で変換を行います。長時間のコンテンツをDVDに収めるため、ビットレートを低めに設定しなければならない場合でも、ProCoderなら高画質を維持することができます。NTSC/PAL、HD/SDのような、フレームレート/フレームサイズが異なる形式へ変換する場合でも、画質向上を実現しています。

 

様々な設定と使い方が可能

エンコードパラメータの詳細な設定や、トリミング、ビデオ/オーディオフィルタの適用などにより、目的に合った映像を作り出すことができます。指定フォルダへのコピー/移動を検知して自動的に変換を行う「ウォッチフォルダ」機能や、画面の指示に従うだけで目的の形式に変換できる「ウィザード」などの機能を備えています。「ジョブキューイング」機能では、実行中のジョブの確認と優先順位の変更などを行えます。

マルチコアCPUの能力を活かした高速変換

PC内の複数のCPU(マルチコアを含む)に処理を分散することで、高速なHDV/MPEG-2変換を実現しています。

  • 様々な映像フォーマットを高速・高画質に変換
  • あらゆるタイプの映像で高画質を実現
  • 様々な設定と使い方が可能
  • マルチコアCPUの能力を活かした高速変換
  • ビデオ編集ソフトからの利用が可能

 

入力フォーマット
  • Canopus HQ
  • AVCHD
  • H.264
  • DirectShow AVI
    (DivX Videoがインストールしてある環境ではDivX Video圧縮ファイルにも対応)
  • Video for Windows AVI
  • MPEG 1/2
    (エレメンタリー、プログラム、トランスポートストリーム(single/multi program TS))
  • Canopus DV
  • Microsoft DV
  • Raw DV
  • Flash Video
    (Ver.7までのSWFファイルおよびFLV1形式のFLVファイルに対応。ただしオーディオは非サポート)
  • Windows Media(Video, Audio)
  • QuickTime
  • Dolby Digital
  • MP3
  • WAVE
  • AVI Synth script(.avs)
出力フォーマット
  • Canopus HQ
  • H.264
  • MPEG1
  • MPEG2 (SD, HD, MP@HL, CBR, VBR, 2 pass VBR)
  • VOB (チャプターポイント付き)
  • QuickTime
  • QuickTime エクスポーター
  • DirectShow AVI
    (DivX Videoがインストールしてある環境ではDivX Video圧縮ファイルにも対応)
  • VCM/Video for Windows AVI
  • ACM
  • Canopus DV
  • Microsoft DV
  • Raw DV
  • WindowsMedia
  • RealVideo
  • FlashVideo
    (Ver.7までのSWFファイルおよびFLV1形式のFLVファイルに対応。ただしオーディオは非サポート)
  • DolbyDigital
    (ライセンスは個人使用に限定されています。商用には使用できません)
  • MP3
  • PCM
ビデオフィルタ
  • デインターレース
    (自動適用:ユーザーフィルタの項目には表示されません)
  • ビットマップ・キーイング
  • 白/黒補正
  • ガンマ補正
  • ブラー
  • 円形ブラー
  • ガウスブラー
  • カラーコレクション
  • カラーセーフ
  • クロップ
  • フェードイン/アウト
  • メディアン
  • ビデオプルダウン
    (自動適用:ユーザーフィルタの項目には表示されません)
  • 回転/ミラー
  • インバーステレシネ
オーディオフィルタ
  • ローパス
  • ノーマライズ
  • ボリューム
プラグイン対応ソフトウェア
  • EDIUS Pro 5
  • EDIUS Pro version 4
  • Adobe Premiere Pro 2.0
拡張機能
  • アスペクト比変換
  • フレームレート変換
  • NTSC/PAL変換
  • 自動プログレッシブ
  • プログレッシブ - インターレース変換
  • マルチパス・プロセッシング
  • サイズまたは時間によるファイルの切り分け
  • プロジェクト・プリセットの保存
  • ドラッグ&ドロップによる変換
  • ウィザードモード
  • ネットワークドライブ対応
  • 複数の色空間に対応 (YUV, RGB)
  • オリジナルタイムコード保持
    入出力ファイル形式の組み合わせ等によっては、タイムコードを保持できない場合もあります。詳しくはお問い合わせください。
  • 高速HDV出力

 

動作環境
CPU
Intel Celeron / Pentium III 800MHz以上、または AMD Athlon 800MHz以上
※マルチプロセッサ、ハイパースレッディング対応
※1台のPCに複数のCPUを搭載している場合(マルチコアを含む)、SpeedEncoder機能によりHDV/MPEG2変換速度が向上します。

メモリ
256MB以上(HDサイズを扱うには512MB以上、SpeedEncoder機能によるエンコードには CPUコア数 x 512MB以上が必要です)

ハードディスク
インストール時 80MB以上の空き容量が必要です。

USBポート
1つ使用(USB 1.1以上。USBキーで使用)

対応OS

    • Microsoft Windows XP Home/Professional
    • Microsoft Windows Vista Home Basic/Home Premium/Business/Ultimate 32bit 日本語版 ※
    • Microsoft Windows 7 32bit/64bit ※

※Windows Vista、Windows 7でご使用になるには最新のアップデータをお使いください。
※DirectX 9.0以降のインストールが必要です

インターネット接続
ソフトウェアのアップデートなどに必要です。

※ProCoder 2.0以前に付属するUSBキー(ドングル)は、ProCoder 3では使用できません。
※条件を満たすすべてのPCでの動作を保証するものではありません。

製品構成

  • CD-ROM
  • USBキー
  • マニュアル

サポートについて

初回お問い合わせ後90日間は無償にてサポートをさせていただき、それ以降は有償でのサポートとなります。詳細はこちらをご覧ください。

トップに戻る