放送・映像関連機器の総合メーカー Grass Valley
放送・映像関連機器の総合メーカー Grass Valley

Karrera

ビデオプロダクションセンター

Karrera ビデオプロダクションセンター

Karreraは、中継車への搭載などに最適な、最先端の中規模マーケット向け次世代スイッチャ―です。費用を抑えながら高い操作性を実現し、現行モデルであるKayakのユーザー様に も、1ランク上のパワフルな機能性をご体験いただけます。それと同時に、直感的なユーザーインターフェースにより、新規のユーザー様にも使いやすいスイッチャ―です。

pickhit2011_ibc_logo
staraward2011_logo

tvbeurope_bestofibc2011_logo

kerra

  • 10-bit 4:2:2プロセス、最大96入力48出力が可能なビデオスイッチャ―
  • 複数のHD/SD-SDI入出力に適用可能なアップ/ダウン/クロスコンバーターオプション
  • カット/ミックストランジションと6系統のリニア/ルミナンスキーヤーに対応するハーフM/Eオプション
  • すべてのフルM/E に6キーヤーを搭載:フル機能キーヤー4系統とリニア/ルミナンスキーヤー2系統
  • 各フル機能キーヤーに、自由にイメージを保存できる2ページ(フレーム)のビデオ&キーストレージを搭載
  • 各M/Eに、KurlとSpektraを含む4チャンネルの内部DPM(iDPM)
  • 8 RUフレームではプライマリ/セカンダリのコンバイナー出力を搭載した4チャンネルのeDPMオプションをサポート
  • オプションのDoubleTake スプリットM/Eモードで、合計で最大10まで効果的にM/E数(ハーフM/Eを含む)を増加。4出力のキーヤーを独立して設定できるプログラム可能なFlexKey クリーンフィードモードも搭載。
  • マクロエディターを内蔵し、メニューアプリケーションを動作させたPCからオンラインでもオフラインでもマクロの編集が可能
  • 任意のパーティションをレイヤーモードに設定し、M/Eから映像とキーヤーの出力が可能
  • AUXバスにディゾルブとワイプを適用できるAUXバストランジション
  • Jupiter、Encore、Preludeルーターコントロールシステム用のインターフェースを搭載
  • KarreraのAUXバスを使用して、JupiterおよびPreludeをコントロール可能
  • LDK Connect Gateway経由でLDKシリーズのカメラとタリーをコントロール可能
  • 内蔵のImageStoreを使用し静止画を保存/呼び出し。外部のClipStoreと連携し、複数チャンネルのビデオ/キー(オーディオ含む)を最大10時間以上保存可能
  • パネルから様々な方法で呼び出し可能な999個のマクロ
  • エフェクトの作成・細かい編集が行えるDefine E-MEMを含め1,000個保存可能なE-MEMレジスター
  • M/E バスおよびAUXバスでRGBカラーコレクションを行えるオプション
  • デバイスコントロールサブセッション、スイッチドプレビュー、AUXバス選択、マクロコントロールなどを行えるシステムコントロールエリア
  • 低消費電力

トップに戻る