放送・映像関連機器の総合メーカー Grass Valley
放送・映像関連機器の総合メーカー Grass Valley

EDIUS Pro 9

ノンリニアビデオ編集ソフトウェア

4K HDR、その核心へ EDIUS Pro 9

世界中の主要な放送局やプロフェッショナルビデオ制作現場でEDIUSが選ばれる理由 – それはEDIUSほど快適に編集できるビデオ編集ソフトウェアが他に存在しないからです。
EDIUSは、4KやHDなどのフォーマットをパワフルにリアルタイムで編集することが可能です。スピーディーな編集環境を手に入れることで、制作時間を大幅に短縮することができ、コンテンツの制作やクオリティの向上に更なる時間を割くことができます。


優れたリアルタイム性

EDIUSでは、変換やレンダリングなどに関わる時間を最大限短縮することが可能です。優れたリアルタイムテクノロジーにより、4KやHD、SDなどの解像度やフレームレートの異なるビデオを一つのタイムラインで快適に編集でき、様々なフォーマットを変換なしでネイティブに編集することができます。

話題のHDRビデオ編集に完全対応

広いダイナミックレンジを保持しているLog素材を最大限に活かしたHDRビデオエディティングをサポートしています。数多くのカラースペースに対応し、自由自在にカラーグレーディングを行えるプライマリーカラーコレクションビデオフィルターに加え、プロジェクト単位のカラースペース設定によるSDR/HDRの混在編集が行えます。また、放送局やWeb用のHDRメタ付加ファイルのエクスポートも可能となり、HDR納品に最適化されたワークフローを構築できます。

コンテンツ管理アプリケーション「Mync」

コンピューター上に保存された様々なメディアを統合管理するためのアプリケーションとして「Mync Standard」を搭載しています。デジカメ、スマートフォン、ドローン、ウェアラブルカメラなど最新のコンシューマー製品に加えて、XDCAM、P2、XAVCなどのプロフェッショナルカメラフォーマットのメディアもネイティブ対応しています。AVCHDやMXFフォーマットなどは、複雑なファイル構造を持っていますが、そのファイル構造を意識することなく、スムーズに取り込み、プレビューすることが可能です。各コンテンツにはコメントやレーティングなどのメタデータを登録でき、その他にもストーリーボードビデオ編集・スマート検索・タグ管理・取り込み履歴・アップロードなど充実した機能が搭載されています。さらに「Mync」の内容は、EDIUSのソースブラウザーから展開できるので、ワークフローの改善にも役立ちます。

最新のビデオフォーマットをサポート

新しくキヤノン社 EOS C200 “Cinema RAW Light”のネイティブデコードをサポートしました。また、各カメラメーカーの静止画RAWファイルやCinema DNG、DPXファイルを活用したハイレベルな映像制作も行えます。

サードパーティー製ハードウェアに対応

Blackmagic社やAJA社のハードウェアを活用した高品質なビデオ出力をサポートしています。
これらの詳細は、FAQをご覧ください。
EDIUS サードパーティー製ハードウェアの対応について

ユーザーインターフェイスの改善

世界中のカスタマーからのフィードバックをもとにユーザーインターフェイスを改善し、編集画面の視認性や使い勝手を向上させました。

「EDIUS Pro 9」体験版

EDIUS 9の体験版をご用意しています。詳細はeID Webをご覧ください。
eIDを登録した後、ダウンロードページにて希望の製品を選択してください。登録したメールアドレスに、ダウンロードURLとシリアルナンバーが記載されたメールが届きます。

EDIUSWORLD.COM

EDIUSの詳細情報はこちらもご覧ください。

※11月にリニューアル予定

MYNCWORLD.COM

Myncの詳細情報はこちらもご覧ください。

EDIUS Pro 9 フリーアップグレードについて
2017年9月1日から2017年11月30日までの間に、EDIUS Pro 8 通常版またはアップグレード版をご購入の方に、EDIUS Pro 9 へのフリーアップグレードをご提供します。

EDIUS Pro 9 へのフリーアップグレード 詳細はこちら

EDIUS Pro 9の新機能(バージョン 1.00)

  • 4Kを含むさまざまなHDR、Log素材のリアルタイムネイティブ編集
  • プロジェクト単位のカラースペース設定によるSDR/HDRの混在編集
  • 放送局、および Web用のHDRメタデータ付加ファイルエクスポート
  • 各社カメラメーカーに加え、ドローンやスマートフォン素材のネイティブ編集
  • Canon EOS C200 “Cinema RAW Light” と静止画RAWファイルのデコード
  • カスタマーからのフィードバックをもとに改良されたユーザーインターフェイス
  • サードパーティーハードウェアサポートのアップデート
  • Mync(メディア管理ソフトウェア)に強力なメタデータスマートサーチ機能を追加

製品 価格(税別) 型番
EDIUS Pro 9 通常版 ¥59,800 EPR9-STR-JP
EDIUS Pro 9 アップグレード版 ※ ¥24,800 EPR9-UGR-JP
EDIUS Pro 9 アカデミック版 ※ ¥24,800 EPR9-STR-E-JP
EDIUS Pro 9 ジャンプアップグレード版 ※ ¥39,800 EPR9-JUPR-JP
製品 価格(税別) 型番
EDIUS Pro 9 DNxHD オプション ¥49,800 EPR9-OP-DNxHD-JP

CPU

Intel Core 2 または Intel Core iX CPU 以上、3 GHz 以上の速度をもつ Intel または AMD のシングルコア(複数の CPU またはマルチコアCPU を推奨)、SSSE3(Supplemental SSE3)のサポート

メモリー

4GB以上(4K編集には8GB以上を推奨)

ハードディスク

EDIUSのインストールに6GB以上、映像用にSATA / 7,200rpm以上のドライブが必要
※HD / 4K編集には、RAID-0を推奨

グラフィックス

Direct3D 9.0c以降、および PixelShader Model 3.0以降以上に対応したGPU
※SD / HD編集には512MB、4K編集には2GB以上のビデオメモリーが必要

サウンド

WDMに準拠したサウンドデバイスが必要

光学ドライブ

EDIUSのインストールにDVD-ROMドライブが必要
Blu-rayやDVDを作成するには、対応したドライブが必要

インターネット環境

ユーザー登録、サポート、ソフトウェアの認証、および、アップデートに必要
※本製品はライセンス認証のため定期的なインターネットへの接続が必要です。

オペレーティングシステム

Windows 7 64‑bit(Service Pack 1以降)
Windows 8.1 64-bit
Windows 10 64-bit Version 1607以降
※32-bit版のWindows 7、および、 Windows 8 / Vista / XPではご使用いただけません。

対応ハードウェア

HDSPARK、STORM MOBILEサードパーティ製I/Oハードウェア

製品構成

EDIUS Pro 9インストールDVD
※EDIUS Pro 9のセットアップファイルはダウンロードでの提供となります(本製品のDVDにはセットアップファイルが含まれていません)。

サポート

製品ご購入後、ソフトウェアを認証された日より90日間のメールサポートは無償、それ以降のサポートは有償となります。サポートはユーザー登録されているお客様を対象にご提供しております。サポートをご希望される場合は、必ずユーザー登録をお願いいたします。

※記載された動作環境に適合するすべての環境での動作を保証するものではありません。また、記載されたすべてのフォーマットへの対応を保証するものではありません。

製品ご購入後、ソフトウェアを認証された日より90日間の メールサポートは無償、それ以降のサポートは有償となり ます。
サポートはユーザー登録されているお客様を対象にご提供しております。サポートをご希望される場合は、必ずユーザー登録をお願いいたします。

※Grass Valley Storeではダウンロード版のEDIUSをご購入いただけます

通常版 ¥ 64,584(税込)
アップグレード版 ¥ 26,784(税込)
ジャンプアップグレード版  ¥ 42,984(税込)

dl_my_account

トップに戻る