放送・映像関連機器の総合メーカー Grass Valley
放送・映像関連機器の総合メーカー Grass Valley

EDIUS Neo 3.5

ビデオ編集ソフトウェア

【販売終了】

EDIUS Neo 3.5 は、世界中の映画や放送局で採用されている「EDIUS」の独自技術や高画質エンジンを継承したビデオ編集ソフトウェアです。エフェクトやタイトル、ブルーレイ/DVDのオーサリングといった基本的な機能に加え、3D編集機能や入出力どーマットの拡張などでさらにパワーアップしたEDIUS Neo 3.5 を使って、プロのような、映画のような映像作品を作ってみてください。

edius_neo_35_photo

カメラやフォーマットを気にせず快適に編集

ビデオカメラやデジタル一眼カメラ、デジカメなどで撮影した映像や写真を混在した状態で編集することができます。フォーマット(H.264、AVCHD、MPEG-2、Windows Media、QuickTimeなど)、解像度(フルHD、HD、SDなど)、フレームレート(60p、59.94i、30pなど)の違いを意識する必要もありません。プロジェクトは最大で1920×1080 60pまで対応し、高精細で滑らかな1080/60pやフィルムライクな24pなどの映像を自由に制作することができます。
マルチコア/マルチCPUに対応したオリジナルのレンダリングエンジンを搭載し、映像をリアルタイムでプレビューしながら編集することができます。最大限のパフォーマンスを発揮できる「Grass Valley HQ/HQX」はもちろん、MPEGやH.264(AVCHD、Canon EOSムービーなど)でも快適な編集が可能です。映像の出力では、「インテル® クイック・シンク・ビデオ」に対応し、長時間の変換作業が必要であったブルーレイ、AVCHD、H.264の出力を短時間で行うことができます。

graph_3.01

簡単な操作で直感的に作ることができる

編集画面は人間工学に基づきデザインされているので、初めて編集にチャレンジする場合でも直感的に操作していくことができます。操作画面のレイアウトやキーボードショートカットはカスタマイズすることができ、映像や内容にあった使いやすいかたちを自由に作ることが可能です。
マウスアクションに対応した再生操作、素材のフォルダ管理・検索が可能なビンウィンドウ、簡単操作でカットの切り替わりを微調整できるトリムモード、カメラやメディアなどの外部メディアを自動認識・表示するソースブラウザーなど、実際の編集作業で優れた利便性を発揮する機能も充実しているので、スピーディーかつ簡単に映像制作を進めていくことができます。

neo35_03_b

様々な映像ファイルを作成できる

完成したタイムラインからのモーションメニューやチャプター付きブルーレイ/DVDの作成はもちろん、ディスクイメージやMPEG-2、H.264、QuickTimeなど様々なファイル形式で出力することができます。iPhone用やWeb用映像などプリセットも数多く登録されているので、出力したいファイル形式で迷うこともありません。「インテル® クイック・シンク・ビデオ」を活用したブルーレイ、AVCHD、H.264の出力も可能です。

国内開発による信頼性

EDIUSシリーズ は発売から現在に至るまで日本国内で開発されているので、わかりやすい操作画面や最新カメラへの素早い適応体制を維持することができています。国内に開発拠点があることで、ユーザー様から頂いた声を素早くしっかりと開発に活かすことができ、着実にバージョンアップを重ねることも可能となります。サポートは初回のお問い合わせから90日間は無償メールサポート、それ以降は有償メールサポートサービスを用意しています。

魅力的な映像に仕上げる多彩なエフェクト

本格的なカラーコレクションから場面の切り替わりに効果を与えるトランジション、クロマキーやルミナンスキーといった合成系まで、高い表現力を誇る多彩なエフェクトと高性能な機能を多数搭載し、様々な形で映像を演出することができます。

オプションのハードウェアで機能強化

テレビやビデオモニタで編集中の映像をリアルタイムに確認できる「HDSPARK」をサポートしています。HDMI出力に対応した「HDSPARK」を使用することで完全に同期した映像と音声をマスタークオリティでPC用モニタや大画面テレビなどに出力することができます。また3D編集時にはサイド・バイ・サイドなどで出力することによって、3D対応テレビなどで3D映像を確認しながら編集を行うことができます。

「EDIUS Neo 3.5」体験版

EDIUS Neo 3.5の特長

  • 基本機能
    • マルチフォーマットリアルタイム混在編集
    • AVCHDや一眼ムービーのリアルタイム編集
    • 簡単な操作で直観的に映像を作れる
    • メディアを簡単に取り込めるソースブラウザー
    • 多彩なエフェクトで映像演出も自由自在
    • モーションメニュー付きブルーレイ/DVD作成
    • Web用ファイルなどもプリセットで簡単作成
    • インテル® クイック・シンク・ビデオに対応
    • 国内開発&高い安定性
    • 放送品質のGrass Valley HQ/HQX を採用

 

  • 主な新機能
    • Windows 8に対応
    • 入力対応カメラ、出力対応フォーマットの追加
    • 3D(立体視)映像編集に完全対応
    • 高性能スタビライザー(手ブレ補正)機能を搭載
    • 高速にプロジェクトを起動できるクイックスタート
    • レイアウター機能拡張
    • 映像を瞬時に確認できるフィルムストリップ表示
    • アルファチャンネルに対応したシーケンス
    • アップ/ダウンコンバート画質向上
    • AVCHD Ver.2.0 1080/60p(AVCHD Progressive)、3D映像ファイルのMVCコーデックに対応
    • Webコンテンツに最適なFlash F4Vエクスポート
    • Grass Valley HQ/HQX コーデックのMac対応

【販売終了】

製品 価格(税別) 型番
EDIUS Neo 3.5 通常版 ¥29,800 ENE35-STRJ
EDIUS Neo 3.5 アップグレード版 ※ ¥12,800 ENE35-UGRJ
EDIUS Neo 3.5 優待乗換版※ ¥23,800 ENE35-CGRJ
EDIUS Neo 3.5 アカデミック版※ ¥21,800 ENE35-STR-EJ

※ EDIUS Neo 3.5 のご購入に関しての注意点は こちら をご覧ください。

※EDIUS Neo 3.5の仕様はこちらも、ご参照ください。
※EDIUS Neo 3.5の機能一覧はこちらも、ご参照ください。

動作環境
CPU
Intel社製Pentium 4, Xeon, Core Duo同等以上(AVCHDリアルタイム編集を行うには Core 2 Duo以上のもの)
※SSE2以上必須 ※マルチコア/マルチCPU対応

メモリ
1GB以上 (2GB以上を推奨)

ハードディスク
ソフトウェアのインストールに6GB以上の空き容量が必要
映像用にATA100/7200回転以上のドライブが必要
※HD解像度を編集する場合は、RAID 0を推奨

グラフィック
Direct 3D 9.0c 以降、PixelShader Model 3.0以上に対応したGPUを搭載したもの
※GPUfxを使用するにはHDのプロジェクトで512MB以上、SDプロジェクトで256MB以上のビデオメモリが必要

サウンドシステム
WDM準拠のものが必要

光学ドライブ
インストールにDVD-ROMドライブが必要
※Blu-rayやDVD作成には、対応したドライブが必要

対応OS
・Microsoft Windows 7 SP1 日本語版(32bit/64bit)
・Microsoft Windows 8 日本語版(64bit)(ver.3.52で対応)
・Microsoft Windows 8.1 日本語版(64bit)(ver.3.55で対応)
※Virtual PC、VMWare、Windows XP modeなど仮想OS内での動作は保証しません
※Starterは非対応

インターネット環境
ユーザー登録、サポート、ソフトウェアの認証・アップデート環境に必要

対応ハードウェア
・HDSPARK
・OHCI準拠IEEE1394インターフェース
※FIRECODER Bluには対応していません

※上記に適合するすべての環境での動作を保証するものではありません。

パッケージ版 製品構成

  • EDIUS インストールDVD
  • EDIUS インストールガイド

 

その他の情報

製品写真 (パッケージ)

ダウンロード

【販売終了】

  • 通常版 ¥32,184 (税込)
  • アップグレード版 ¥13,824(税込)
  • EDIUS Neo 3.5 アップグレード版 from Express ¥27,864 (税込)

dl_my_account

※Grass Valley Storeではダウンロード版のEDIUSをご購入いただけます

EDIUS Neoをお使いのお客様を対象に「EDIUS Pro 8 アップグレード版 from Neo」を販売いたします。

詳細はこちらをご覧ください。

 

トップに戻る